相違点

ヒトの耳の内部構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに大別することができますが、この中耳のところに黴菌やウィルスなどが感染し、炎症ができたり、体液が溜まる病を中耳炎と言います。
消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、その大半が腹痛・悪心・腹下しに見舞われる位で済みますが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合はものすごい腹痛・何度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に38℃以上の高熱も出るのが相違点です。
めまいは無いのに、不愉快な耳鳴りと低音域の難聴だけをいつまでも繰り返すケースの事を区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メニエール氏)病」という病名で診断する事例もあるそうです。
栄養バランスの優れた食事を1日3回とることや運動は当然のことですが、ヘルスアップや美を目的として、目当ての栄養を補うために様々なサプリメントを飲用する事がまったく珍しくなくなったそうです。
ダイエットを成功させたいばかりにカロリーを抑える、食事を飛ばす、こういったライフスタイルを続けると栄養までもを不足させ、慢性の酷い冷え性を招いていることは、しょっちゅう問題視されています。
30〜39才までの間に更年期が訪れたとすれば、医学的な用語では「早発閉経(POF)」という病気にあてはまります(日本の場合は40才未満の女性が閉経するケースを「早期閉経(premature menopause)」と称します)。
骨折して大量に出血してしまった場合に、急に低血圧となって目眩やふらつき、冷や汗、吐き気、立っていなくても起こる意識消失などの不快な脳貧血の症状が起こる時もあります。
アミノ酸のグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を悪くしたり変異を誘発する人体に悪影響を及ぼす有害物質を身体の中で無毒化し、肝機能を強化するような動きが判明しているのです。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、5日前後きちんと処方薬を飲めば、大抵、90%近くの人の自覚症状は無くなりますが、かといって食道の粘膜の炎症反応自体が治癒したとは言い切れないので気を付けましょう。
杉花粉が飛ぶ期間に、お子さんたちが体温は平常なのに頻繁にクシャミをしたりサラサラした鼻みずが止む気配をみせない状態だったなら、もしかしたら『スギ花粉症』かもしれないのです。
車の事故や高所からの転落事故など、著しく強い外力が体にかかった場合は、複数個所に骨折がもたらされたり、複雑骨折となったり、重症の場合は内臓が破裂することもあり得ます。
よく耳にする心筋梗塞というものは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の幅が狭くなってしまって、血流が止まり、酸素や色々な栄養を心筋に送ることができず、ほとんどの筋繊維が機能しなくなるという大変怖い病気です。
ジェネリック医薬品は新薬の特許が無効になってしまった後に販売され、まったく同じ成分で負担分を下げられる(薬の価格の安価な)後発医薬品のことを意味します。
下腹の痛みをもたらす主な病には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、子宮の疾患など、様々な部位の病気がみられます。
学校等の大規模な団体生活に於いて、花粉症の症状の為にクラスの友達と同様にエネルギッシュに運動できないのは、患者である子供にとっても残念なことです。