ダイレクト

AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を保持していない一般の人にも利用できる医療機器で、本体からの音声ガイダンスに従って処置することで、心室細動に対しての治療の効き目を与えます。
鍼を患部に刺す、というダイレクトな幾多の刺激が、神経細胞を興奮させて、神経インパルスという呼称の要は電気信号の化学伝達を起こすのではないかという見解が一般的です。
体脂肪量に変化が見られず、体重だけが食物の摂取や排尿等で一時的に増減するような場合、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減少した方は体脂肪率が上がります。
悪性腫瘍である卵巣ガンは、本来、人間の体をガンから守る役割を持つ物質を分泌するための型みたいな遺伝子の異常により起こってしまうと言われています。
眩暈がなく、しつこい耳鳴りと難聴の症状を何回も発症する症例のことを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という呼称で呼ぶ事例がままあります。
エネルギーの源として速攻で使われる糖分、細胞の生まれ変わりに必須のタンパク質など、過度の痩身ではこうした活動を維持するために絶対欠かせない栄養素までもを減らしてしまう。
「肝機能の減衰」は、血液検査項目のASTやALT、γ-GTP(ガンマGTP)など3種類の値で確認できますが、最近では肝機能が衰退している日本人が明らかに増えているとされています。
寝姿を見ることなどで、被介護者がセラピーキャットのことをすごく愛おしいと感じることでオキトキシンというホルモンが多く分泌された結果、ストレスを緩和したり癒やしに繋がっていくのです。
高血圧(hypertension)の状態になると、身体中の血管に強いダメージがかかった結果、身体中至る所の色んな血管にトラブルが起こって、合併症を起こす公算が高まると言われています。
ほぼ100%に近い割合で水虫といえば足をイメージし、中でも足指の間にみられる病気だと思われがちですが、白癬菌がうつるのは足だけではなく、人の体ならどの部分にも感染してしまう危険性があるのです。
脳卒中のくも膜下出血(SAH)は90%弱が「脳動脈りゅう」と呼ばれる血管にできた瘤(コブ)が破裂して出血する事によって引き起こされてしまう深刻な脳の病気だということを多くの人が知っています。
トコトリエノールの働きとしては酸化を防ぐ機能が殊に知られていますが、この他に美肌作用や、血清コレステロールの生成を抑えたりするということが確認されています。
虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血管の中が狭まって、血流が止まり、酸素や様々な栄養が心筋まで送られず、筋肉細胞そのものが壊死するという大変重い病気です。
過食、体重過量、運動不足、遺伝、不規則な生活、仕事などのストレス、高齢化などの様々な誘因が融合すると、インスリンの分泌量が低下したり、働きが衰えたりして生活習慣病に属する2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病することになります。
世界保健機関は、人体に有害な紫外線A波の度を越した浴び過ぎは皮ふ病を起こすとして、18歳以下の若人がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを利用する活動の禁止を広く世界中に推奨しています。