黄体ホルモン

下腹部の激痛をもたらす病気の一例として、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、重篤な症状を示す急性腹膜炎、子宮の疾患など、様々な病名が挙げられるでしょう。
万が一検査で現時点での卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が基準値を下回っており早発閉経(early menopause)だと判明した場合は、不足している女性ホルモンを足す治療等で緩和が期待できます。
学校や幼稚園などの大規模な集団生活をしている中で、花粉症の症状が要因で友達と同様に外で明るく運動できないのは、患者本人にとっても残念なことです。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、主に手や足がジンジンと痺れたり脚の著しいむくみなどがよく起こり、進行してしまうと、最も重症の場合、呼吸困難に至る心不全なども併発することがあるようです。
スマートフォン使用時の小さなちらつきを抑える効果のあるレンズの付いたPC専用メガネが大変人気をはくしている要因は、疲れ目の手当に多くの人々が興味を持っているからだと考えられます。
耳の内部の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに区別されますが、中耳のところに細菌やウィルスがうつり、炎症が発症したり、液体が滞留する症状を中耳炎と称しています。
はりを患部に刺してもらう、という直接的な刺激が、神経細胞を活性化して、神経インパルスという通称の謂わば電気信号伝達を誘発すると言われています。
薬、酒に含まれるアルコール、合成着色料を始めとした食品の添加物等を酵素で分解して無毒化する作用のことを解毒といい、多機能な肝臓の果たす大切な仕事の一つであることは間違いありません。
普通では骨折に至らない程度の小さな圧力でも、骨の決まったポイントだけに複数回にわたり連続して力が加わることにより、骨折が生じることがあるようです。
「とにかく時間がない」「手間のかかる様々なお付き合いが苦手だ」「あらゆるテクノロジーや情報のハイレベルな進化に追いつけない」など、ストレスを感じてしまう元凶は一人一人違います。
加齢が原因の難聴では時間をかけて聴力が落ちますが、大半の人は還暦過ぎまでは聴力の減退をきちんと認識できません。
ポリフェノール最大の働きは水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のV.E.(ビタミンE)などとは異なっていて、細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、加えて細胞膜でも酸化を遅れさせる作用があるそうです。
「肝機能の減衰」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)など3種類の値でモニターできますが、近頃肝機能が落ちている人達がだんだん増えているそうです。
肝臓をきれいに維持するためには、肝臓の毒素を無毒化する作用が低くならないようにする、即ち、肝臓を老けさせない対処法を実践することが必要でしょう。
過飲過食、肥満、消費カロリーの低下、不規則な生活、多忙によるストレス、加齢など多様な原因が混ざると、インスリンの分泌量が減少したり、働きが鈍くなったりして2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病することになります。